ブログ

安倍政権と正面対決の沖縄へ―辺野古・朝の座り込み編

[2016.04.12]

2月半ばの沖縄視察3日目の早朝5時半に起き、辺野古ゲート前の座り込み行動に参加しました。

キャンプ・シュワブ前

 

この早朝座り込み行動は週3日、曜日を決め、県内各地から集中的に人が集まり、工事車両運搬を阻止するというもの。

事前にされた説明では、この行動によって確実に工事を遅らせていること、もう一日行動日をつくり、さらに追い込んでいきたいことなど意気高いものでした。

辺野古座り込み

 

この日は全国的に気温が下がった時でしたので、沖縄とはいえ本当に寒く、座り込んでいる間に下からシンシンと冷えてきました。

参加者のみなさんの防寒着を見れば、その寒さが想像いただけるのではないでしょうか。

この日は県内の議員が参加する日ということで、県議、町議、村議のみなさんが車を乗り合わせて続々と参加、挨拶。

渡久地おさむ県議、比嘉みずき県議、嘉陽そうぎ県議のお隣で私も座り込みをさせていただき、連帯のスピーチもさせていただきました。

議員団と座りこみ

 

朝の辺野古座り込み

私が衆議院選挙の候補者としてお世話になった大阪3区内の大正区、西成区には沖縄出身者の方が多くおられます。

特に大正区では沖縄に関するイベントがよく行われます。また、沖縄戦を体験されたおばあから、芋のツルを食べて生き延びたあの戦争で、どれだけ悲惨な思いをしたのか涙ながらにお話を聞いたこともあります。

 

そうしたことも紹介させていただいて、この米軍新基地建設問題は沖縄だけの問題ではなく、市民の声を上からつぶす安倍政権とたたかう全国の問題であること、毎日座り込みをしている県民のみなさんに連帯し、大阪でも声を上げ続けることなどをお話させていただきました。

 

比嘉みずき県議と

(早朝行動が終わった後、比嘉みずき県議と)

 

他にも、福島県や熊本県などからも参加者があり、温かい大きな拍手が起こりました。

日々連帯し、団結したたかっている様子、市民の行動が情勢を切り開いていることがよくわかる行動でした。

6月には沖縄県議選挙が行われます。

引き続き、新基地建設ノーの審判を下せるように、大阪でも連帯して頑張ります。

< 記事一覧に戻る